IPOコラム

メルカリ上場決定!IPO主幹事証券会社はどこか?当選させるために準備すべきこと

2017/11/09

少し前にブログの中メルカリの株を買いたい!上場はいつか?関連銘柄を仕込んでおくのもおすすめで、私はメルカリの上場が近いと思うという記事を書いたのですが、そのわずか数カ月後に日本経済新聞の一面に『メルカリ上場決定!』という記事が出ました!

上場が近いとは思っていましたが、こんなにピンポイントで当てるなんて、、、自分が怖いです(笑)

さて、メルカリの上場の記事が出てから少し時間が過ぎたことで多方面から追加情報がチラホラ出てきました。

そこで今回は、ネットで噂されている情報を集め、その情報を精査してメルカリの上場に関わるあれやこれやをまとめてお話していきます。

Sponser Link


メルカリの上場決定は本物なのか?

日本経済新聞やフィスコといった複数の大手メディアが大々的に公表していることからメルカリの上場はまず間違いでしょう。

ZMPのような上場直前に大きな情報漏洩などの問題を起こさなければ、年内に上場すると考えて良いでしょう。

私は上場申請のニュースのタイミングから見て、年内の終わりがけの11月〜12月頃の上場になるのではないかと睨んでいます。

メルカリのIPOは儲かりそうか?

手元に正式な情報が何も無いのでハッキリとしたことは言えませんが、好調なメルカリの様子を見る限り手堅く利益を獲得できるIPOになるだろうと考えています。

それに、上場規模は1000億を超える超えないといった憶測が飛び交う程大規模になるとされていて、当選本数は普段のIPOとは桁違いの数になるでしょうから複数の証券会社から応募すれば複数当選も期待できます。

今の好調な雰囲気が続けば圧倒的な知名度が相まって、余程無茶な条件をつけない限りは、上場時はLINEの時のようなお祭り騒ぎになって大いに盛り上がるでしょう。楽しみです。

メルカリの上場に際して狙い目の証券会社は?

大手メディアのフィスコによると『メルカリの主幹事は大和証券が務める模様だ』と報道されていました。

↓ソース
UNITED---年初来高値更新、出資先メルカリが12月上場との観測報道

模様という所にキナ臭さを感じますが大手証券会社で実績のある大和証券ならメルカリの主幹事となってもおかしくはありません。

ただ、メルカリの上場規模は1000億にも迫るとも言われ、上場して即東証一部に上場する超大型案件です。JR九州や郵政三社上場時のように他にも複数の証券会社が絡んでくることは間違いないでしょう。

その辺りの事情を考慮して私が予想した狙い目の証券会社

メルカリIPOの主幹事となりそうな証券会社

大和証券
主幹事で引き受け数も多いでしょうから、ここからは絶対申し込みたい所です。

SMBC日興証券
大手証券会社で副主幹事のような役割を担う可能性もあり引き受け数は多いと予想

GMOクリック証券
忘れている方も多いかもしれませんが、GMOグループはメルカリに大規模出資を行なっています。その関係でGMOクリック証券にも多くのIPOが回ってくるのではないかと考えています。要チェックな証券会社です。(参考:GMOクリック証券は特定のIPO専用

岩井コスモ証券
マネックス証券
楽天証券
この3社は平等抽選で当選が期待できるので資金に余裕があるのなら、上記3社と併せて申し込むことをオススメします。

SBI証券
SBI証券のIPOチャレンジポイントが溜まっているのなら使用して獲得するのもアリです!近年IPOチャレンジポイントの希薄化が進んでいるので思い切って使っても良いでしょう。

メルカリ関連株の様子

メルカリが上場することでメルカリ関連株も注目されて株価が上昇すると予想されます。

ここではメルカリと関連が深い銘柄と現在の状況を紹介していきます。

メルカリ関連株の本命 ユナイテッド

ユナイテッド(2497)

資本でも業務でもメルカリと深い繋がりを持つユナイテッドは、メルカリ関連株の大本命です。

そんなユナイテッドは8/10の終値で2605円の株価を付けています。

この株価は新興株とは言え、なかなかの割高感です。

ここから仕込むのは、、、どうかな?とも思いますが、メルカリの成長が続けばユナイテッドも成長していくと期待できるので長期保有としてなら今仕込んでおくのもアリだと思います。

資源安に躓いている!今がチャンス!?三井物産(8031)

三井物産(8031) は、メルカリに大規模出資をして人員まで送り込んでいます。今回の上場で大儲けする企業でしょう。

恐らくは上場後もメルカリの株式の保有を続けると考えられるので、メルカリ関連株として投資するのはアリだと思います。

三井物産は商社らしく資源に注力しており近年の資源価格低迷の煽りをもろに受けて株価は8/10の終値で1635.5円
と低迷しています。

一時期の最悪期からは脱しましたが、三井物産の実力から見て現在の株価は割安水準です。

高配当も維持しているので、この機会に一枚噛んでおくのも良いでしょう。

GMOインターネット(9449)

GMOグループはメルカリに大規模出資しているので、三井物産同様に今後のメルカリの成長に伴い利益を得られる企業です。

そんなGMOグループの中でメインの企業となるのがGMOインターネット(9449)です。

メルカリに伴う成長を見込んでGMOグループに投資するのならGMOインターネットが良いでしょう。

株価は8/10の終値で1293円と手頃な価格で投資できるのも魅力です。

ただ・・・借金が多く財務基盤に不安を感じます。今回の決算では増収増益で着地していることから業績は回復に向かっていると見られます。

私が仮にメルカリ関連株に投資するのなら、今のタイミングなら三井物産、今後株価が下がるのならユナイテッドに投資します。

メルカリIPOの当選をねらうならこ、れをやっておこう!

まずは狙い目となる証券会社の口座を開設しましょう!

『IPOの為だけに?何だか証券会社に悪くない?』と思うかもしれませんが、良いんです。

証券会社もそれを見越してIPOの抽選ルールを定めているのですから!気にしちゃいけません。

口座の開設には時間が掛かるので、参加するのなら今のうちから手続きを進めておくことをオススメします。

それと、、資金を移動しやすい形に移動させておきましょう。

私は資金の移動はSMBC日興証券を経由して各金融機関に手数料を掛けずに移しています。

準備をせずに大きなお金を移動させるのは大変です。事前に11月の初め頃には移動させるつもりで準備をしておいた方が良いでしょう。(参考:手数料をかけずに資金移動をする方法【IPOのための口座間振替】

最後に

大型案件は複数当選を狙えます。

多くの証券会社から参加すれば、チャンスが広がり結果として利益も多くなる可能性が高くなります。

きっと上場日はお祭りのように盛り上がり楽しくなると思います。期待と興奮を胸に上場を楽しみに待ちましょう。

※メルカリの主幹事になりそうな証券会社 

GMOクリック証券  ←メルカリに大規模出資しているので狙い目!

SMBC日興証券

SBI証券

カブドットコム証券

大和証券

マネックス証券

楽天証券

岩井コスモ証券





メルカリのIPOの準備を急げ!

メルカリ上場決定!IPO主幹事証券会社はどこか?



-IPOコラム



IPOで稼ぐためのテクニック一覧

IPOセカンダリー投資のタイミングと注意点について

IPOロックアップ解除による下落を見越した空売り投資方法

IPOが全く当たらないので当選するためのコツを大和証券さんに聞いてみました。

IPO当選後に見送るかどうかの判断方法について

IPO完全抽選証券会社を一覧で紹介【資金力関係なく当選できるおすすめ口座】

IPOが完全平等抽選方式の証券会社とは?マネックス証券がおすすめな理由




主幹事になりやすい口座です⇒SMBC日興証券

IPOで当選するためにSMBC日興証券は外せない証券会社です。