IPO株上場後分析

フィル・カンパニーの上場後株価分析、今後の見通し

2016年11月18日に駐車場を活用した新事業を展開する将来性抜群のフィル・カンパニー(3267)が東証マザーズに上場しました。

フィル・カンパニーが上場!初値高騰は確実か?IPO株は強くおすすめしたい銘柄

私が将来性の高さからIPO前の記事で強く押していた銘柄だけに、上場後の様子が気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、上場後の状況を確認して振り返っていきます。
(この記事は2016年12月25日に書いています。)

フィル・カンパニーの上場後から今日までの株価の状況

フィル・カンパニーは公開価格1310円で売り出され、上場当日は公開価格+205%の4000円という大幅高で取引を終えました。

filcompany

私も高値をつけるだろうとは思っていましたが、まさか200%を超えるリターンを叩き出すとは思っていませんでした。

それだけフィル・カンパニーに対する投資家の期待値が高かったのだと推察できます。

そして、初値で高値をつけた後は徐々に株価は下降を続けていきはしましたが、2700円辺りを下値に安定推移しています。

今後のフィル・カンパニーの株価予想

当面のフィル・カンパニーの株価は2700円を下値に安定推移を続けるでしょう。

この流れが良くも悪くも変わるのは、次の短期決算の結果です。

現状のペースでの業績の拡大が続くのか?それとも失速するのか?によって株価は上昇も下降もするでしょう。

既に市場では、フィル・カンパニーの業績の拡大を見込んで株価を形成しているので、短期決算で大幅高になるには、結構な業績の急拡大が必要になるのでハードルは高いと言えます。

逆に、業績の下降によるインパクトは数字としては小さくても、投資家の予想外の出来事になるので大きな下落になると予想できます。

IPO前の私のフィル・カンパニーに対する評価

IPO前の私のフィル・カンパニーに対する評価は、参加オススメ指標100の積極参加推奨という評価でした。

リターンの大きさは私の予想を超えていましたが、積極参加して良かった案件でしたので、この予想は大成功だったと言えます。

今後も、こんな予想を続けていきたいです。

私のIPOの結果 IPOチャレンジポイント105使うも・・・・

私は今回SBI証券から溜まっていたIPOチャレンジポイント105ポイントを全力使用して応募したのですが当選しませんでした。

fil2

SBI証券が主幹事のIPOだっただけに期待していたのですが、現実は厳しい物でした。

今回のことで私は今までネット上でチラホラ見かけていた、IPOチャレンジポイントは100ポイントが当選ラインという記載は間違っていると確信しました。

参考:IPOの当選確率を上げる方法 ~IPOにおすすめの証券会社SBI証券のメリット~

当選ラインはもっと上の方だと断言します。

まだ、具体的なラインは分かりませんが、これからも手探りで挑んでいきます。





メルカリのIPOの準備を急げ!

メルカリ上場決定!IPO主幹事証券会社はどこか?



-IPO株上場後分析



IPOで稼ぐためのテクニック一覧

IPOセカンダリー投資のタイミングと注意点について

IPOロックアップ解除による下落を見越した空売り投資方法

IPOが全く当たらないので当選するためのコツを大和証券さんに聞いてみました。

IPO当選後に見送るかどうかの判断方法について

IPO完全抽選証券会社を一覧で紹介【資金力関係なく当選できるおすすめ口座】

IPOが完全平等抽選方式の証券会社とは?マネックス証券がおすすめな理由




主幹事になりやすい口座です⇒SMBC日興証券

IPOで当選するためにSMBC日興証券は外せない証券会社です。